クイーンカップ①

2020年3月21日

ディープ産駒の成績は過去5年で(0,2,2,9)。

皆さんはこれを見てどう思うでしょうか?

出走頭数少ない割には勝ちがないし、微妙だなーって思いますか?

18年 フィニフティ2着、アルーシャ3着、オハナ4着、マウレア5着、レッドベルローズ10着

17年 フローレスマジック3着、ハナレイムーン5着

16年 サプルマインド15着

15年 ミッキークイーン2着、アンドリエッテ4着、メイショウメイゲツ5着、クイーンズターフ8着

14年 カノーロ15着

 

ほとんどが掲示板内に来ており、掲示板内に来た馬は3着とは僅差です。

16年サプルマインドはレース当日馬体重を12kg(410kg)も減らしており、力の出せる状態ではなかったようです。
(次走から428kg、430kg、452kgと増加)
14年カノーロはレース中にトラブルがあったようで、クイーンカップを最後に引退しています。
クイーンカップはディープ産駒向きのレースになる傾向が高いと言えると思います。
前週の東京新聞杯が6年連続で連対してますから、当たり前っちゃ当たり前なんですが。
加えて過去8年で前走が未勝利もしくは新馬戦で連対したのは、フィニフティとミッキークイーンのディープ産駒2頭のみです。
なぜ過去8年なのかというと、開催が7日目から5日目に変わったのが2011年だからです。
馬場が変わると傾向も変わります。
ちなみに、東京競馬場が改装した後の2004年からに広げてみても、連対は1頭もいないんですけどね。
じゃあディープ産駒の3頭のどれか来そうだなって思ったりもするんですが、あくまで馬場状態が良前提の話です。
明日東京は朝から雪の予報が出てますから、馬場状態の見極めは大事になるでしょう。