京都記念

2020年3月21日

このレース、ノーブルマーズが展開の鍵を握りそうな気がします。

というのも、京都記念は過去のラップ傾向を見るとスローペースの上がり勝負になりがちですが、出走馬の中にレースを作るタイプがいないので、高確率で今年もスローで流れそうです。

しかし、ノーブルマーズは流れた方が良いと見ています。

ノーブルマーズは過去逃げ経験があり、目黒記念でも好位から2着に好走しており、先行力はメンバーの中でもある方でしょう。

ですが、宝塚記念、日経新春杯と比較的メンバーが揃ったレースでは後ろから差して好走していることから、あえて前に出て思い切ったレースをするのかは半信半疑です。

これまで全レースに騎乗している高倉騎手、陣営がどう判断するのかがポイントになりそうです。

私の本命はタイムフライヤーです

比較的馬場状態が良くなかった前々走菊花賞。

ドスローを後方から脚を伸ばして6着。

上位は次走で、同じように馬場の悪いレースで連対しています。

上位3頭はスローペース、4、5着は流れた方が良さそうなタイプ。

タイムフライヤーはどちらかはわかりませんが、このハイレベルの一戦で6着。皐月賞も中山金杯も馬場悪かったのに結果がついてこなかったのは、小回りがあまり得意ではないからだと思います。(ホープフルは2歳戦だから、馬場のアドバンテージでどうにかなっていたと推測)

馬場の悪い広い京都で、同世代の馬が1頭しかいない。

条件は揃ったと見ています。

◎タイムフライヤー