京都記念【回顧】

2020年3月21日

戦前の予想通り、スローペースになりましたね。

そのペースをタイムフライヤーが作るとは、予想できませんでしたが(笑)

スローペースにせよ、目標にされる形ではなく、菊花賞のような捲って行く形を想像してたので。

ノーブルマズは大方予想通り、高倉騎手は勝負にいけなかった。

スローペースでは分が悪く、終始かかってもいました。

ダンビュライトにはおあつらえ向きの展開になりました。

ダンビュライトは馬場不問で、スローペースの上がり勝負になれば強いです。

この馬あまり大きく崩れることがない反面、馬券内にくるレースは限られそうな気もします。

次は大阪杯ですかね。

大阪杯は後半11秒台が続くような持続力が求められることが多いので、厳しいような気がします。

アンビシャスが勝った年のようなペースなら、また上位にこれるかもしれません。