馬場適性の見極め

2020年3月21日

下記は先週土曜の京都9Rつばき賞の着順。この頭数で3連単16290円。

サトノウィザードが飛んだからこそついた配当ですが、サトノウィザード

人気していたのは、良血で前走OPで重賞で好走しているヴェロックスの2着

だったからでしょうか。2、3着馬はそれぞれ前走が新馬、未勝利。

情報量が少ないからこその高配当だったと言えます。

馬番 馬名
1 ワールドプレミア
ユニコーンライオン
3 ルモンド
4 レターオンザサンド
5 サトノウィザード
6 ディグラーシャ
7 フラル
8 ナラ

まずこの日の馬場状態は荒れ馬場だと判断しました。

ここでの荒れ馬場とは、JRA発表のやや重以上の馬場を指すの

ではなく、開催が進んで芝が傷んでるような馬場の事を言います。

それぞれの適性を見極めます。

ワールドプレミア

新馬戦は菊花賞の日でそこそこの荒れ馬場。

京都2歳Sは新馬戦より開催が進んでいますから、荒れ馬場。

加えて完勝したクラージュゲリエが馬場状態の良い共同通信杯

完敗してることからも判断できます。

軽い馬場が得意だから、離されての3着だったと見ることもできるが、

母方の血統が重厚であること、新馬戦の勝ち方が強かったことから、

荒れ馬場向きと判断。

ユニコーンライオン

荒れ馬場の新馬戦を上がり2位で勝利。

同レース6着のサダムゲンヤが荒れ馬場の未勝利戦を

勝ち上がっており、ある程度のレベルを示しているといえます。

(9着のサマーセントも小倉で勝ち上がり)

サトノウィザード

新馬戦でワグネリアンの弟カントルに勝ち、

2戦目もヴェロックスの2着と目に付きやすい材料が揃っていますが、

ヴェロックス東京スポーツ杯2歳Sでの走りから軽い馬場の方が合っていると

判断できます。クラージュゲリエと違って不利を受けてタイム差なしの

4着ですし、1着馬ニシノデイジー、2着馬アガラス、3着馬ヴァンギャルドは次走

荒れ馬場で負けています。そのヴェロックスに完敗してるわけですから、

サトノウィザードの荒れ馬場適性はそこまで高くないと考えられるわけです。

この時点で上位人気の中ではワールドプレミア、ユニコーンライオン>サトノウィザードとし、ワールドプレミアとユニコーンライオンは少なくともサトノウィザードには負けないだろうと判断しました。

レターオンザサンド

唯一の好走が福島で、荒れ馬場の千両賞では完敗。

福島は例年より馬場状態が良かったので荒れ馬場適性はないと判断できます。

フラル

好走したのが開催の浅い阪神と京都でのみ、しかも未勝利戦。荒れ馬場の

梅花賞では完敗しています。

ナラ

割愛します。

ルモンド

残りはルモンドとティグラーシャですが、2戦しているルモンドの方が材料があります。

1戦目が開催の浅い阪神で楽に勝っている、2戦目の完敗した萩ステークスは走破時計が遅いわりに上がりが遅かったことから、当日は荒れ馬場だったと判断し、ルモンドは荒れ馬場が苦手だと結論づけてしまいそうなんですが、同日メインのスワンSでモズアスコットが58kgを背負ってハナ差の2着に来ています。

モズアスコットは軽い馬場の安田で猛者たちを破り優勝しており、荒れ馬場のマイルCSでは完敗してます。よってスワンS時もそこまで荒れた馬場とは考えづらいです。

よって萩ステークスも荒れ馬場だとは考えづらく、比較的フラットな馬場状態だったのではないでしょうか。これでルモンドは消してはいけないということになります。

ティグラーシャ

ティグラーシャも1戦しかしていないので消すのは危険です。

個人的な見解ですが、高配当を狙うなら3歳戦がいいと思います。

2歳戦では情報量が少なすぎるし、古馬戦ではある程度馬の特徴が

明確になっているからです。

去年だと、荒れた馬場の皐月賞、高速馬場のダービー、荒れた馬場の

菊花賞とはっきりしたレースになった分、来る馬、消せる馬が

わかりやすかった。エポカドーロは皐月だけで判断してると、ダービーで買うことは

できませんが。

このブログでは、重賞以外は予想しないですが、

3歳戦についてはツイッターで予想上げたりするかもです。