阪急杯②

2020年3月21日

前3F-後3F 5F通過

2018  12.3 – 10.7 – 11.2 – 11.3 – 11.4 – 11.2 – 12.0(34.2-34.6)   56.9

2017  12.1 – 10.7 – 11.0 – 11.7 – 11.7 – 12.0 – 12.2(33.8-35.9)   57.2

2016  12.1 – 10.5 – 11.2 – 11.4 – 11.2 – 11.4 – 12.1(33.8-34.7)   56.4

2015  12.2 – 11.1 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 12.1 – 13.0(34.9-36.8)   58.7 ※不良馬場

2014  12.2 – 10.7 – 10.9 – 11.1 – 11.2 – 11.8 – 12.8(33.8-35.8)   56.1

道中は同じようなラップを刻むことが多く、緩みません。ダンチヒ系やダート血統が走るのも納得です。5F通過タイムは57秒前後とハイペースになることが多いですが、開幕週ということもあって、基本前にいる馬が有利です。暮れの阪神Cもほぼ同じようなラップを踏みますが、開催後半に行われることもあり差しがききます。

阪神C開催年                        阪神C   阪急杯

2006  プリサイスマシーン   2着(7)          1着(1)

2007  スズカフェニックス   1着(17)        2着(4)

ローレルゲレイロ    4着(7)          1着(3)

2008  ファリダット              2着(14)        7着(15)

2009  サンカルロ       2着(17)        3着(6)

ワンカラット              16着(7)        2着(4)

2010  サンカルロ                  6着(12)        1着(15)

ガルボ                         4着(7)          2着(2)

2011  サンカルロ                  1着(13)        3着(16)

2012  サンカルロ                  1着(13)        4着(1)

マジンプロスパー       13着(2)        2着(2)

オリービン                  15着(4)       3着(6)

2013  ガルボ                          2着(14)       4着(4)

コパノリチャード       10着(16)      1着(1)

サンカルロ                   4着(6)         2着(6)

2014  コパノリチャード        2着(18)       6着(9)

ダイワマッジョーレ    3着(3)         1着(13)

ミッキーアイル            7着(6)         2着(5)

2015  –

2016  シュウジ                       1着(2)        8着(7)

ヒルノデイバロー        10着(10)     2着(4)

2017  モズアスコット            4着(7)        2着(17)

2018  ダイアナヘイロー        1着(3)        ?着(14)

ミスターメロディ        2着(2)        ?着(16)

スターオブペルシャ    3着(5)        ?着(6)

ダイメイフジ               4着(1)        ?着(9)

ラインスピリット        10着(9)      ?着(5)

ヒルノデイバロー        16着(4)      ?着(15)

阪神Cで3着以内に入った馬の阪急杯での着順と、阪神Cで凡走して阪急杯で3着以内に入った馬の着順です。かっこ内は馬番です。阪神Cで好走した馬は阪急杯でも概ね好走しているようです。それは先ほども記述した通り、同じようなラップを踏むレースであるのと、G2→G3にグレードが下がるのですから必然だといえます。

大きく着順を下げた2008年ファリダットは、外差しがきく阪神Cを外枠発走→先行有利な阪急杯を外枠発走。2016年シュウジは先行有利な阪神Cで内枠発走→内が有利な阪急杯で外枠発走(頭数が12頭と少ないのと、シュウジは先行しているので影響があったかはわかりません)。2014年コパノリチャードは阪急杯は不良馬場で特殊な馬場。3頭とも大きく着順を下げたといっても、それぞれ7着、8着、6着ですから、阪神Cで好走した馬は阪急杯では大崩れしないといっても過言ではないでしょう。

では2018年はというと、前有利な馬場で上位4頭とも内枠であることから条件には恵まれていたと言えます。上位2頭のダイアナヘイローとミスターメロディは今回外枠に入ったのは多少割り引かなくてはいけません。ただ昨日のレースを見る限り、やはり今年も前が有利な馬場でしたので、先行脚質を生かしてスッと前に行ければというところでしょうか。

ロジクライ

富士S

12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.3 – 11.5 – 11.0 – 11.6 – 11.7

12.4 – 23.3 – 34.6 – 45.9 – 57.4 – 68.4 – 80.0 – 91.7 (34.6-34.3)

東京新聞杯

12.3 – 10.9 – 11.3 – 11.2 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 11.9

12.3 – 23.2 – 34.5 – 45.7 – 57.2 – 68.5 – 80.0 – 91.9 (34.5-34.7)

ほぼ同じようなラップを刻んでいるにもかかわらず東京新聞杯は9着と大きく負けすぎています。陣営は仕上がりに自信を持っているようでしたが、富士Sから8kgも増えていました。冬場で体重が絞り切れなかったのではないでしょうか。今回絞れていれば期待したい1頭です。

とは言ってもスタートや騎手の判断で順位が前後しやすい短距離レースでは、あまり軸を決めたくはありません。

レッツゴードンキロジクライタイムトリップラインスピリットロードクエス

リョーノテソーロミスターメロディの7頭に絞っていますので、この中から馬券を組み立てたいと思います。