阪急杯【回顧】

2020年3月21日

競馬予想において大事なこと。競馬には絶対はない、だから全ての馬を同じ労力を使って考察しなければなりません。前回の阪急杯の記事でロジクライについて触れましたが、6歳馬ながらまだ15戦しか走っていないことも強調できる材料でした。それならば、スマートオーディンは11戦しか走っていないのだから、もっと深く考察しなければならないってことになるはず。お粗末な予想をしてしまいました。反省しなければなりません。

スマートオーディン、フレッシュな馬場が良いのでしょうかね。個人的には高松記念に向かってほしいですね。安田記念は雨季ですし、ライバルの層が厚いですから。

エイトシャイデンは3連勝したレースが後半型のレースだったので、バッサリ切りましたが、こういう質の違うレースにもすぐ対応できるところを見ると、能力が高いと感じます。短距離戦で勝ち馬から0.5秒差なので対応できたとは一概には言えないかもしれませんが、開幕週の馬場で大外枠ですからね。