金鯱賞【考察】

2020年3月21日

枠順が面白い。内枠1-5番まで非社台生産の馬で、非社台で外枠に入ったのはモズカッチャンのみ。あとほぼ乗り替わり。

馬場状態

昨日のフローラルウォーク賞を見る限り、時計の出る高速馬場。ただ今日は午後から雨予報だから、その影響がどこまであるか。馬場が悪くなればエアウィンザー、ギベオンなどは良くなさそうだし、逆にタニノフランケルはプラスになりそう。

ラップ

金鯱賞の過去5年のレースラップ 
ラップ
2018 13.3 – 11.9 – 13.1 – 12.9 – 11.8 – 12.4 – 12.0 – 11.4 – 11.2 – 11.6
2017 12.6 – 11.3 – 12.6 – 12.2 – 11.7 – 11.7 – 12.0 – 11.9 – 11.4 – 11.8
2016 12.6 – 11.0 – 12.7 – 12.7 – 12.5 – 12.6 – 11.6 – 11.3 – 11.2 – 11.5
2015 12.4 – 10.6 – 12.4 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.1 – 12.0
2014 12.6 – 11.1 – 12.0 – 12.0 – 12.1 – 11.6 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.9

基本的に瞬発力勝負にはならない。向正面で緩やかに坂を上り、3コーナーから直線まで下りなのでスピードは落ちず、ラスト2F 目が最速。2018年や2016年は明確な逃げ馬がおらず、それぞれサトノノブレスとマイネルラクリマが逃げて超スローペースになったもの。今回はタニノフランケルがいるから、それなりに流れるのではないだろうか。

血統

スピードの持続力勝負になりやすいので、ナスルーラやダンチヒ系の血を持った馬がよくきている。

結論

ペルシアンナイト

休み明けが懸念されているようだ。確かに3歳秋から前哨戦凡走→G1好走のパターンが続いてはいるが、これが陣営が意図的に仕上げていないか、勝ちにきてなかっただけのような気がする。3歳の春からずっとトップレベルで活躍してきたが、もう5歳。大阪杯もレース質的には向くのだろうが、4歳世代が強く今回のメンバーよりレベルが上がる。ここに照準を合わせてきてるような気がしないでもない。懸念材料は高速馬場。今まで上がりの最速が33.7なので、雨の影響がそれほどなく、2016年のような競馬になれば厳しくなりそう。

相手はエアウィンザーアルアインの優先順位で。