中山牝馬S【回顧】

2020年3月21日

2018

12.5 – 24.6 – 36.9 – 49.2 – 61.3 – 73.6 – 85.6 – 97.1 – 109.0 (36.9-35.4)

2017

12.9 – 25.2 – 37.8 – 50.2 – 62.4 – 74.5 – 86.3 – 97.6 – 109.4 (37.8-34.9)

2016

12.8 – 25.5 – 38.4 – 51.5 – 63.7 – 75.2 – 87.0 – 98.6 – 110.3 (38.4-35.1)

2015

12.6 – 24.6 – 36.1 – 47.6 – 59.2 – 71.1 – 83.5 – 95.3 – 107.5 (36.1-36.4)

上記は2018年から2015年までのラップタイム。

そして今年のラップが

2019

12.5 – 24.1 – 36.0 – 48.3 – 59.8 – 72.2 – 84.4 – 95.8 – 107.7 (36.0-35.7)

2018年から2016年までのラップと比べると明らかにハイペース。2015年と似たようなペースになっています。前が全滅したのも同じです。

ミッキーチャームを本命にしたのは、9Rと10Rで欧州系の血を父に持つ馬が1着に来たことで、馬場は回復はしているが高速馬場ではなさそうだと判断した点と、カワキタエンカが逃げて持久力勝負になりそうだったからです。ミッキーチャーム自身も父はディープインパクトですが、母は英国馬です。同じ理由で、フロンティアクイーンやアッフィラートを対抗にしていました。ミッキーチャームはスタートで前に出そうとした時にかかったのと、ペースが速くなりすぎてしまい自分のリズムで競馬ができたなかったのが敗因ですかね。