金鯱賞【回顧3】

2020年3月21日

どうなったら持続力勝負、瞬発力勝負なのかは競馬場やレースによって変わってくると思うので、過去のレースを比べて相対的に判断するしかないと思います。前回は区間ごとの通過タイムで比べましたが、区間ラップを見ればより鮮明になります。データは冬場に移行した2012年からにしています。馬場が良ではなかったのは2019年と2018年のみです。

2019

12.710.812.112.5 12.912.312.211.611.311.7

2018

13.311.913.112.911.8 12.4 12.011.411.211.6

2017

12.6 – 11.3 – 12.6 – 12.2 – 11.7 – 11.7 – 12.0 – 11.9 – 11.4 – 11.8

2016

12.6 – 11.0 – 12.7 – 12.7 – 12.5 – 12.6 – 11.6 – 11.3 – 11.2 – 11.5

2015

12.4 – 10.6 – 12.4 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.1 – 12.0

2014

12.6 – 11.1 – 12.0 – 12.0 – 12.1 – 11.6 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.9

2013

12.811.012.111.711.712.012.212.211.5 12.4

2012

12.911.1 13.012.711.911.811.8 11.711.512.0

スタート直後のテンの1Fはスピードに乗ってない状態ですので除いて考えます。

①5F目以外全て12.0以下のラップ

2014年

②5F目からラストまで全て12.0以下のラップ

2017年、2012年

③全て12.5秒以下のラップ

2015年、2013年

④6F目からラストまで全て12.5秒以下のラップ

2018年

⑤7F目からラストまで全て12.5秒以下のラップ

2019年

⑥8F目からラストまで全て12.0秒以下のラップ

2016年

速いハロンタイムが多く続いた順に並べています。前回の記事では2012年を瞬発力勝負だったと書きましたが、前半が遅すぎただけで5F目から速いタイムが続いてるので、持続力勝負でしたね。2016年は全馬上がり33秒台で、勝ったヤマカツエースは33.1ですから、かなりの瞬発力勝負だったはずです。こうして見ると、2019年は馬場が良でなかったとはいえ、持続力勝負だったとは言えないような気がします。ダノンプレミアムは好きな馬ですが、今回が得意分野での好走であったならば、次走が試金石になるんじゃないでしょうか。

まあ結局はレース前にレース質がどうなるかを読めないと意味ないんですけどね。後の祭りというか。けどスッキリはしました、自己満足にはなりましたね。