日経賞【考察】

2020年3月21日

◎メイショウテッコン

今の中山は高速馬場。少なからず先週まではそうでした。今週は比較的晴れが多かったですし、気温も高めだったので、先週とそこまで差異はないと想定した上で本命はメイショウテッコンです。

馬場が速い時は、距離が短い方が良いと感じるくらいの馬の方が丁度良かったりします。本馬は芝1800m以下のレースを3勝。ハッピーグリンも3勝していますが、テッコンは重賞、OPを含んでもの、負かした相手もフィエールマンにサラキア。タイムも早くスピード能力を示しています。近2走は全くこの馬の形になっておらず、度外視しても良いでしょう。血統もダート寄り。

相手はダート勝ちのあるサクラアンプルール、カフェブリッツ。カフェブリッツは初芝の1800mを好タイムで勝ったのはプラスなんですが、その後長い距離を2走続けて好走したのが。。。あとは高速馬場の皐月賞で4着のクリンチャーとコース適性はともかく馬場が合いそうで55kgのエタリオウまで。