大阪杯【回顧】-またユウイチ!!-

2020年3月21日

2019

12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5

12.6 – 23.7 – 36.4 – 49.1 – 61.3 – 73.7 – 85.5 – 96.9 – 108.5 – 121.0 (36.4-35.5)

2018

12.8 – 11.3 – 12.4 – 12.4 – 12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.4 – 11.6

12.8 – 24.1 – 36.5 – 48.9 – 61.1 – 72.9 – 84.1 – 95.2 – 106.6 – 118.2 (36.5-34.1)

1000m通過が去年とほぼ同じ。今年は良馬場といっても、午前中は稍重発表だったし、レース中また降り始めていたから、それなりに悪い馬場だったと思う。そう考えると去年ほどのスローではなく、ミドルくらいの流れだったのかなと。それならラスト1Fでガクッと落ちているのも仕方がない。

2015

12.8 – 11.1 – 12.7 – 12.2 – 12.3 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 12.1 – 12.8

2012

13.2 – 12.2 – 13.7 – 13.2 – 12.9 – 12.7 – 12.3 – 11.9 – 11.2 – 12.2

ラスト1Fで急に落ちた年は、ここ10年では2015年と2012年もそう。2015年は不良馬場で1着ラキシス、2着キズナ。2012年は稍重馬場で1着ショウナンマイティ、2着フェデラリスト。どちらの年も馬場は悪く、マイルG1で好走していたようなタイプは来ていない。今回ペルシアンナイト、サングレーザー、ステルヴィオが揃って凡走したのもパワーを要求される中での持続力勝負に弱かったからなのかもしれない。

キセキを外したのは理由があって、天皇賞秋はノーマークだったこと、ジャパンCは日本陣営にとっては、外国馬に勝たれないようにするのが優先なので、比較的ノーマークだったこと。G1を3連戦した疲れがあるとはいえ、暮れの馬場が悪い有馬記念で5着に敗れたこと。大阪杯では2番人気に推され、エポカドーロ以外社台系馬だったこと。馬場があまり良くなかった宝塚記念や日経賞でも負けているが、馬場というよりもレース質の問題なのかな。