桜花賞-ウォッカ合掌-

2020年3月21日

例年より馬場状態が良くないと思われる阪神競馬場。

明日の馬場状態はしっかり見なければいけないが、先週のような馬場であると想定して考察してみる。

大阪杯

1着アルアイン ディープ×母は米ダートG1勝ち

3着ワグネリアン ディープ×母ダート勝ちのみ、祖母ブロードアピール

御堂筋S

1着シルヴァンシャー ディープ×母は米ダートG1勝ち

3着プリンスオブペスカ ハーツ×母ダート実績馬 自身もダートで連対あり

先週日曜の特別、メインでは上記のような傾向が見られた。大阪杯の2着馬キセキ、御堂筋S2着のヴァントシルムは血統からはダート要素はなさそうだが、両馬共に走ったレースより長い距離で実績があった。

大阪杯の回顧で書いたように、2015年、2012年も馬場が悪い中でのレースだった。その年の桜花賞はどうだったか?

2015年 1着レッツゴードンキ 2着クルミナル 3着コンテッサトゥーレ

2012年 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ 3着アイムユアーズ

レッツゴードンキは母がダート馬だし、自身も後にダートで好走している。クルミナルは兄弟にピオネロがいる。

ヴィルシーナは2000mで牡馬相手に勝っているし、母がダート馬。

2015年はドスローが影響したのもあるが、2000年以降では一番遅いタイム。2012年も4番目に遅い。馬場は良くなかったと考えられる。

2年続けてディープ産駒が馬券になっていないが、今年はどうなるだろうか。