桜花賞【回顧】-馬場を読むことの難しさ、大切さ-

2020年3月21日

先週大阪杯が終わった時点では、ディープ×母ダート大物G1馬であるグランアレグリアを本命にしようと考えていたが、昨日の阪神の馬場状態を見て頭をリセットした。

マイルで強い勝ち方をしているグランアレグリアとダノンファンタジーは危ういと感じたから連の対象からは外した。けれど読みは間違えていた。

外国馬招待レース、クラシックレースに関しては前日の馬場状態を確認するだけでは不十分だということがよくわかった。雨が降らなくとも当日の馬場も確認しなければならない。

そういえばアルアインが勝った時の皐月賞でも、当日いきなり超高速馬場になっていたな。

こんなにガラリと馬場が変わらなければ、シゲルピンクダイヤが勝っていたんじゃないか。シゲルピンクダイヤの母系は欧州系。母父はスタミナ血統のハイシャパラル。昨日のアマルフィコーストと同じ血統構成になるわけだけど、外枠引いたことでかなり高い確率で後方待機になってしまう懸念があり、先行有利な馬場において不利だと考え軸にはできなかった。

ノーブルスコアはノーチャンスだったろうけど、エールヴォアはもったいない競馬だった。どちらにしろグランアレグリアはバッサリ切っていたので当たることはなかったが。

2019年

12.2 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5

12.2 – 23.3 – 35.4 – 47.7 – 59.4 – 70.2 – 81.2 – 92.7 (35.4-33.3) 1:32.7

2018年

12.3 – 10.7 – 11.5 – 12.1 – 12.1 – 11.5 – 11.3 – 11.6

12.3 – 23.0 – 34.5 – 46.6 – 58.7 – 70.2 – 81.5 – 93.1 (34.5-34.4) 1:33.1

去年とは全く違う質のレースになった。今年は半マイルの通過タイムが去年より1秒近く遅い。にもかかわらずこのタイムである。上がり3Fが前半3Fより2秒以上速かったのは外回りコースになった2007年以降、本年以外ではレッツゴードンキの年だけ。2秒近くだとダイワスカーレットが勝った年が1.8秒。両馬共に、前目につけて勝利している。

こういう展開になると、前目につけている馬の方が有利になるし、エンジンのかかりが遅い馬では勝負できない。シゲルピンクダイヤはチューリップ賞で同じような瞬発力勝負で後方から2着に来ていたから、対応できる下地はあったのだろう。

グランアレグリアは確かに今日のレースにおいては、一つ抜けて強かった。が、アーモンドアイと比べるのはどうか。アーモンドアイは唯一33秒台の上がりを使い、2番目に速いトーセンブレスの上がりより1秒も速い。馬場の恩恵を受けた訳でもないし、位置も最後方。改めて思う、アーモンドアイは化け物だ。