日本ダービー【回顧】-いかに楽に先行できたか、それに尽きる-

2020年3月21日

別記事で勝つのはサートゥルナーリアかダノンキングリーだと思っていたと書いたけど、実際本線の馬券は3連単で以下のように買っていた。

サートゥルナーリア、ダノンキングリー

-サートゥルナーリア、ダノンキングリー、レッドジェニアル

-サートゥルナーリア、ダノンキングリー、レッドジェニアル、ヴェロックス、ロジャーバローズ、アドマイヤジャスタ、メイショウテンゲン、ニシノデイジー

考察の記事で、皐月賞が多少力の要る馬場だったと考えていると書いたが、皐月賞大敗組を馬券に入れているのはそれが理由。ただ結果的には馬場差を考慮しても、皐月賞上位と下位ではかなり差があったようだ。ラップが示す通り皐月賞上位組は抜けて強かった。

ダービー前までに引き続き前が止まらない馬場であることが確認できたのと、サンデー系×スピードの持続力勝負に強い血統(フレンチデピュティ系やダンチヒ系など)の好走が目立っていたのもあって、ダノンキングリー(ディープインパクト×ストームキャット)が勝つ方に傾いていた。ロジャーバローズ(ディープインパクト×ダンチヒ系)は2着には残るかもしれないと考え、馬連買い足したわけだけど、まさか勝つとは。

12.7 – 10.7 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 12.0 – 12.3 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.0

12.7 – 23.4 – 34.8 – 46.2 – 57.8 – 69.8 – 82.1 – 94.5 – 106.7 – 118.7 – 130.6 – 142.6 (34.8-35.9)

かなり速いペースだが、リオンリオン以外はスローで流れていたと考える。瞬発力勝負になったわけだが、今日みたいな馬場だと前にいる馬がより有利になる。

ロジャーバローズは先行力とスピードの持続力を発揮できる舞台だったのが大きかったし、リオンリオンが単騎逃したのも良かった。去年の皐月賞のエポカドーロみたいなイメージ。

サートゥルナーリアの出遅れがなければ、違う結果になってたかもしれない。そのパターンのレースを見たかったけど、馬券は外れているかもしれないな。

ダービージョッキーになるには運が必要。ヴェロックスに乗れなかったからこそ、ダービージョッキー浜中騎手が誕生したと言えるかもしれない。