宝塚記念【回顧】-3年連続、現地にて観戦-

2020年3月21日

2016年

12.6 – 11.0 – 11.1 – 12.3 – 12.1 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 11.9 – 12.2 – 12.7

 2015年

12.2 – 11.6 – 12.2 – 13.4 – 13.1 – 12.7 – 12.5 – 11.7 – 11.0 – 11.6 – 12.4

 2010年

12.4 – 11.1 – 11.3 – 12.7 – 12.5 – 12.3 – 12.3 – 11.9 – 12.1 – 11.9 – 12.5

土曜の時点では、これら3年のレース質になるはずだった。なぜなら、土曜の阪神の芝レースではラスト3Fに12.0台が2つ以上入るレースがほとんどで、入ってないレースについても、ラスト2F→1Fが11.9→12.6や11.6→12.6のようにガクッと落ちていることから、直線はスピードが出にくくなっていると考えられるから。(2018年も近いレース質になっていたが見落としていた。)

で当日。芝レースでラスト3Fで11秒台が並ぶ、10秒台を挟むレースもあった。全く馬場が変わっているのだ。

前日まで出し切る展開で強そうな、リスグラシュー本命の対抗エタリオウだった。が馬場状態から持続力勝負になると考え、キセキとレイデオロ、スワーヴリチャードを中心視、リスグラシューとエタリオウは軽視(ここで見誤ってる)に。特にエタリオウは集中力がなく、先頭に立つと遊ぶようなところがあるというから、バテ差しのような展開であればチャンスがあったと思うのだが、持続力勝負ではちょっと物足りない。

2019年

12.6 – 11.4 – 11.5 – 12.4 – 12.1 – 11.9 – 12.0 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 12.4

1F11秒台を6回記録以上記録したのは過去10年では2017年のみ。2000年以降に広げても2001年だけ。このラップだけ見ればかなり馬場は回復しているようにも見えるのだが、馬場を気にしていたようなコメントを残している騎手が多い。ただ騎手のコメントは感覚に過ぎないし、数字は嘘をつかないから馬場はある程度回復していたと思う。

リスグラシューについては、完全に見誤ってたと言わざるを得ない。5着以下に敗れた3戦は位置取りが後ろ過ぎただけだった。安田記念はペースが早くてあの位置にならざるを得なかったんだろうけど。