神戸新聞杯【回顧】-これはトライアルレースなの?-

ペースは超スロー。距離が2400になってからは毎年の事なので、予想の範囲内。

ただヴェロックスのレース運びは予想の範疇を超え、最悪のケースになってしまった。ヴェロックスにとっては負けるべくして、負けたレースになった。

 

久々のレースに加え、超スローが影響したのか、かかりっぱなし。落ち着かせようと内に入れて前に馬を置くが、これで早めに仕掛けることができなくなり3F勝負に付き合う結果となってしまった。

 

賞金は十分足りていることから、8頭立てでスロー濃厚ならば、無理せず本番を見据え折り合いに専念したとも考えられる。本番に出てこないサートゥルナーリアにトライアルで勝つ必要もないわけだから。

 

今回はサートゥルナーリアが勝つべくして勝ったレース。

両馬共に強い。

 

2頭が強いからなのか、権利を取れないと見て小頭数。

権利を取れたワールドプレミアにとってはトライアルレースだったかな。