ジャパンカップ-考察②-

2020年3月18日

ジャパンCにおける、同年の古馬王道G1(大阪杯含む)の連対馬の出走有無

 
馬名 レース 着順
2018 スワーヴリチャード 大阪杯 1着
シュヴァルグラン 天皇賞春 1着
2017 シュヴァルグラン 天皇賞春 2着
キタサンブラック 天皇賞春 1着
サトノクラウン 宝塚記念 1着
2016 キタサンブラック 天皇賞春 1着
リアルスティール 天皇賞秋 2着
2015 ラブリーデイ 宝塚記念 1着
ゴールドシップ 天皇賞春 1着
2014 スピルバーグ 天皇賞秋 1着
ジェンティルドンナ 天皇賞秋 2着
フェノーメノ 天皇賞春 1着
2013 ジェンティルドンナ 天皇賞秋 2着
ゴールドシップ 宝塚記念 1着
2012 オルフェーヴル 宝塚記念 1着
ルーラーシップ 宝塚記念 2着
フェノーメノ 天皇賞秋 2着
トーセンジョーダン 天皇賞春 2着
ビートブラック 天皇賞春 1着
エイシンフラッシュ 天皇賞秋 1着
2011 ブエナビスタ 宝塚記念 2着
トーセンジョーダン 天皇賞秋 1着
エイシンフラッシュ 天皇賞春 2着
2010 ブエナビスタ 天皇賞秋 1着
ジャガーメイル 天皇賞春 1着
ペルーサ 天皇賞秋 2着
ナカヤマフェスタ 宝塚記念 1着
2009 マイネルキッツ 天皇賞春 1着
スクリーンヒーロー 天皇賞秋 2着
2008 ウォッカ 天皇賞秋 1着
メイショウサムソン 天皇賞春 2着
2007 アドマイヤムーン 宝塚記念 1着
メイショウサムソン 天皇賞春 1着
2006 ディープインパクト 天皇賞春 1着
2005 ハーツクライ 宝塚記念 2着
ゼンノロブロイ 天皇賞秋 2着
ヘヴンリーロマンス 天皇賞秋 1着
スズカマンボ 天皇賞春 1着
ビッグゴールド 天皇賞春 1着
2004 ゼンノロブロイ 天皇賞秋 1着
2003 シンボリクリスエス 天皇賞秋 1着
ツルマルボーイ 宝塚記念 2着
2002 シンボリクリスエス 天皇賞秋 1着
ナリタトップロード 天皇賞秋 2着
2001 テイエムオペラオー 天皇賞春 1着
メイショウドトウ 宝塚記念 1着
2000 テイエムオペラオー 天皇賞春 1着
メイショウドトウ 宝塚記念 2着

毎年のように同年古馬王道G1の連対馬が出走しているが、今年は勝利馬どころか連対馬すらなし。ワグネリアン大阪杯3着、スワーヴリチャード宝塚記念3着のみ。

前回の記事で、2000年以降、古馬G1勝利経験がある1番人気の牡馬は複勝率100%と書いたが、1番人気が予想されるワグネリアン、ユーキャンスマイルは当てはまらない。だが一方で同年の古馬王道G1の連対馬が1頭も出走しないのだ。

これをどう捉えるか。

外国馬の出走ゼロが騒がれているが、これは必然だから驚きはない。

むしろ日本馬の出走ラインナップ、こっちの方が異常というか、自分的には気になる事象。