フィリーズレビュー【回顧】-明暗を分けた内、外の選択-

レース回顧

 
ラップ 前後半3F 前後半3Fラップ差
2020 12.0 – 10.4 – 11.0 – 11.6 – 11.5 – 12.0 – 12.5 33.4 – 36.0 2.6

 稍重ながら前半3F33.4は過去最速。でありながら2、3着は番手で進めた馬、逃げた馬も4着に残っている。

勝ったエーポスは内を差してきた。

先週に続き、メインまでのレースでも上位入線した馬は先行した馬か、内を差してきた馬だった。

本命にした関東馬アヌラーダプラは外枠発走ながら、4コーナーまではエーポスのすぐ後ろの内目を進み、悪くない内容。だが直線に入ったところで、岩田騎手が迷わず内に入れたの対し、三浦騎手は迷わず外へ。ここでアヌラーダプラのレースは終わった。

4Rでは内を選択して3着に持ってきてるのに謎。ただ土曜は中山で、日曜も芝レースの騎乗は4Rだけ。

三浦騎手は馬場の傾向を読めていなかったのかもしれない。

同じく関東馬ケープゴッド騎乗のデムーロも外を回している。土曜は中山、日曜は芝レース騎乗がなかった。

競馬は0コンマで勝負が左右するから、陣営の情報収集力、騎手の判断力は重要なファクターだと改めて思う。

 

オーナー社台馬

 
馬名 着順 馬主
2020 フェアレストアイル 5 サンデーレーシング
アヌラーダプラ 9 キャロットファーム
エヴァジョーネ 13 社台レースホース

 内を選択し、3着に0.1秒差まで迫ったフェアレストアイルの5着が最上位。