G1, 2020, 4月

社台

社台系生産馬のクラブ馬が毎年のように連対している。

ここ10年で馬券に絡まなかったのは出走馬がアプリコットフィズ1頭のみだった2010年だけ。

2010年優勝馬は社台系生産馬のアパパネ。 クラブ馬に限定しな ...

G1, 2020, 4月

ラップ分析

前後半5Fを見てもわかるように、明らかに後傾ラップ。

後半5Fを見ると、馬場が悪かった2015年、2012年以外は全て60秒以内。

スタートから5F目以降で、明らかにペースが上がったと思われるハロン間 ...

G1, 2020, 3月

レース傾向

電撃のスプリント戦とも言われるように、道中緩む間もなくレースは進められる。

1400m戦まではそういうレースになりやすいと考えている。

ダート勝利経験馬やダート血統馬などの好走例が多いことからも、スピ ...

G2, 2020, 3月

ラップ分析

今の馬場状態だと、ハイペースなら最後だけガクッと落ちる。ある程度流れる、もしくは残り5Fあたりからの持続力勝負ならラップは落ちないといった大雑把な分析でいいのではないか。この頭数だから、後者になる可能性の方が高いだろうか。

G3, 2020, 3月

ラップ分析

 

 スタート直後に急坂があること、またすぐにコーナーに入るためペースは上がりにくい。ラップを見てもわかるように、前半5Fはだいたい61秒以上で後傾ラップ。

高速馬場だった昨年でさ ...

G2, 回顧, 2020, 3月

レース回顧 年ラップ前後半3F前後半3Fラップ差202012.0 – 10.4 – 11.0 – 11.6 – 11.5 – 12.0 – 12.533.4 ̵ ...

G2, 回顧, 2020, 3月

レース回顧 年ラップ202012.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11 ...

G2, 2020, 3月

ラップ分析

このコースの特徴そのままに、一貫したラップ構成。やはりスピードの持続力勝負。ダート血統が強い。

前半3F→後半3Fは1秒近く落ち、そこまでペースがあがらなかった2019、2016、2013、2010年でも後半3F ...

G2, 2020, 3月

レース傾向金鯱賞の過去5年のレースラップ 年ラップ201912.7 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – ...

G3, 回顧, 2020, 3月

レース回顧 年ラップ前後半3F5F通過202012.1 – 10.7 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.6 – 11.934.1 – 34 ...