G1, 2020, 4月

社台

社台系生産馬のクラブ馬が毎年のように連対している。

ここ10年で馬券に絡まなかったのは出走馬がアプリコットフィズ1頭のみだった2010年だけ。

2010年優勝馬は社台系生産馬のアパパネ。 クラブ馬に限定しな ...

G1, 2020, 4月

ラップ分析

前後半5Fを見てもわかるように、明らかに後傾ラップ。

後半5Fを見ると、馬場が悪かった2015年、2012年以外は全て60秒以内。

スタートから5F目以降で、明らかにペースが上がったと思われるハロン間 ...

G1, 回顧, 2019, 4月

13.3 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 11.7 – 11.6 – 11.0 – 11.9  3:15.0(36.0-34.5)

G1, 2019, 4月

本命はユーキャンスマイル、グローリーヴェイズにしようと思う。

菊花賞は2Fからの超瞬発戦。4角の位置が勝負を分けた。

特にグローリーヴェイズは大外枠だったし、この馬京都新聞杯でも唯一内枠から4着に突っ込んできて ...

G1, 2019, 4月

1999年〜2002年の上位3頭のダービーとジャパンCでの着順が下記。

2002年

1着マンハッタンカフェ 出走なし

2着ジャングルポケット ダービー1着、ジャパンC1着

3着ナリタトッ ...

G1, 2019, 4月

下記は13頭以下で行われた天皇賞春の、後半1600mのラップタイム。

2002年

13.0 – 12.9 – 12.7 – 11.9 – 11.2 – ...

G1, 2019, 4月

フルゲートにならず、出走頭数は13頭。

平成最後の天皇賞春という事で、平成に入ってから13頭以下で行われたレースを調べてみたところ、2002年が11頭、2001年が12頭、2000年が12頭、1999年が12頭だった。※1 ...

G1, 2019, 4月

昨年の秋以降、2000m以上の重賞で現4歳世代が馬券に絡まなかったレースはない。

※出走馬がいなかったレース、牝馬限定戦は除く。

それどころかチャレンジカップと大阪杯以外は全て連対している。

他の5 ...

G2, 回顧, 2019, 4月

12.6 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 11.8 – 10.9 – 10.3 – 11.1

12.6 – 24 ...

G2, 2019, 4月

去年のラップタイム。

12.2 – 10.7 – 11.0 – 11.9 – 11.4 – 11.2 – 11.2 – 11.7